TEAM I : 共同教育プログラムの共同評価プロジェクト I

標準
ホーム質保証機関の取組み手法

コメント(解説):異なる大学同士が国を越えて実施している共同教育プログラムに対し、欧州各国のアクレディテーション機関が行っている評価結果を、国を越えて共有し、相互認証しようとしたプロジェクトです。本プロジェクトの成果物として、情報を英語で一元的に発信する仕組み(質保証を受けた高等教育機関及びプログラムに関するオンライン上の情報データベース:『Qrossroads』)が作成されました。Qrossroadsでは、欧州で外部質保証を受け、正規に認可されている高等教育機関と、エラスムスムンドゥス採択プログラムの検索ができます。


正式名称
TEAM I : 共同教育プログラムの共同評価プロジェクト I

実施主体
ECA(欧州高等教育アクレディテーション協会)

実施年
2006-2008年

概略
TEAMは、欧州のアクレディテーション機関による評価の結果に関する透明性の高い情報提供と、異なる評価制度を持つ複数の国のアクレディテーション機関が、国際的な共同教育プログラムの評価結果について、互いの評価結果を承認し合う仕組みを構築することにより、共同教育プログラムの推進を図ることを目的としたプロジェクト。ECA(欧州高等教育アクレディテーション協会)が欧州委員会からの助成を受けて実施。オランダ及びベルギー・フランダース地方の質保証を担当するNVAO(オランダ・フランダースアクレディテーション機構)がコーディネート機関となり、欧州の19の質保証機関等が参加した。

第1期のTEAM Iでは、共同評価の実施に向けて、アクレディテーション機関が互いの国の評価制度の理解を深めることを目標として、評価結果や相互承認に関する情報を英語で一元的に発信する仕組みの構築に取り組んだ。TEAM Iの成果物として、質保証を受けた高等教育機関及びプログラムに関するオンライン上の情報データベースQrossroadsがある。