共同教育プログラムの質保証に関する欧州的アプローチ

標準
ホーム大学への支援共同教育プログラムの質保証

コメント(解説):共同教育プログラムの質保証を、欧州で統一した手法で行おうという提言書です。策定したBFUGとは、ボローニャプロセスの実行部隊であり、本提言は2015年5月に地域の教育担当大臣が集まる会合で採択されました。これによって、欧州の大学と共同教育プログラムを行う日本の大学に、直接プログラム評価の受審を求められるものはないでしょうが、欧州との連携を考える際は、必ず目を通した方がよい資料です。


正式名称
European Approach for Quality Assurance of Joint Programmes (PDF)

実施主体
BFUG (ボローニャ運営委員会)

実施年
2014年

概略
欧州地域で行われる共同教育プログラムに対し、

  • 国別に特別な要件を定めずに、共同教育プログラムに求める統一基準を作ることで、こうしたプログラムの開発障壁を取り除き;
  • プログラムの共同性を的確に反映する質保証アプローチを提供する

という2点を特徴にした策定された提言書。

提言書での「共同教育プログラム」の定義
一義的には、欧州高等教育圏(EHEA)内の複数国の高等教育機関が共同して提供している教育プログラムのことである。そのため、EHEA以外の国も参加するプログラムや、1つの国の中の複数機関が共同で実施しているものは対象とならない。
ただし、この提言書の内容は、日本などEHEA以外の国の高等教育機関が参加する共同教育プログラムにも参考となる部分は多い。また、授与される学位が、複数学位(ダブルディグリーなど)か共同学位(ジョイントディグリー)かは問われていない。

続きを読む