「キャンパス・アジア」モニタリング

標準
ホーム大学への支援共同教育プログラムの質保証

コメント(解説):「キャンパス・アジア」は、2010年4月に日中韓三国の政府により立ち上げられた、質の保証を伴った学生交流を推進するための構想です。2011年より、日中韓の大学による10のパイロットプログラムが始まりました。質の保証・向上を促進するための方策として、3か国の質保証機関は(日本側は、(独)大学評価・学位授与機構)共同で、「キャンパス・アジア」プログラムのモニタリング活動を行っています。
2013年には、1次モニタリングとして、各質保証機関が自国のプログラムの採択大学の訪問調査等を行い、報告書をまとめたほか、ダブルディグリーや単位互換を伴う学生交流プログラムの優良事例集を作成しました。
本サイトが、国際的な教育連携を担当される大学関係者含め、皆さまにとって、カリキュラム設計、教育の実施体制、学生支援等を検討する上で、ご参考になれば幸いです。


正式名称
“CAMPUS Asia” Monitoring

実施主体
大学評価・学位授与機構、中国教育部高等教育教学評価センター、韓国大学教育協議会

実施年
1次モニタリング2013年、2次モニタリング2015年

概略

        • キャンパス・アジア(”Collective Action for Mobility Program of University Students” Asia : CAMPUS Asia)

2010年4月に日中韓三国の政府により立ち上げられた、質の保証を伴った学生交流を推進するための構想である。2011年に、日中韓三国の大学によるトライアングルの学生交流プログラムが開始された。この構想は、日中韓の大学間で質保証を伴ったプログラムを提供していくことで、質の高い教育提供と人材養成の持続的展開を図っていくことを目的としている。

          • パイロット事業

「キャンパス・アジア」構想の下、日中韓3か国政府の共同審査で採択された10件のパイロット交流プログラムが2011年の秋に開始された。2015年までの5年間の実施が予定されている。日本側参加校は、文部科学省の2011年度「大学の世界展開力強化事業」のうち、日中韓のトライアングル交流事業として採択された計11大学である。

    • モニタリング

モニタリングは、各国で国際的な教育プログラムの質保証を試行すること、教育の質の観点から優良事例を抽出し、それらを国内外に広く発信していくこと、共同ガイドラインを作成することを目的として実施する。モニタリングは、5年間の「キャンパス・アジア」パイロット事業において、2回実施する。1回目は 2013年に、機構、中国のHEEC、韓国のKCUEの各質保証機関が、国内の関連法規や評価制度・手法を踏まえて、個別に実施した。
2回目のモニタリングに関しては、1回目の各国個別のモニタリング結果や比較分析の状況を踏まえ、2015年に三国の質保証機関間で、共同のモニタリングフレームワーク(原則、基準等)の協議と実際のモニタリング活動が行われることとなっている。

なお、「キャンパス・アジア」モニタリングに関する詳細、日本側1次モニタリングの報告書ならびに優良事例集は以下のウェブサイトに掲載。

http://www.niad.ac.jp/n_kokusai/campusasia/