共同学位授与における優良事例ガイドライン

標準
ホーム大学への支援共同学位の公正な認知

コメント(解説):各大学が共同教育プログラムを実施する際に、考慮すべき点や注意すべき点が記載されています。欧州が念頭に置かれていますが、その他の地域においても、共同教育プログラムを通じてジョイントディグリーを授与する場合には、このガイドラインに基づいた実践が期待されています。本ガイドラインの日本語概要を提供しています。ぜひ、ご活用ください。


正式名称
Guidelines for Good Practice for Awarding Joint Degrees

実施主体
ECA(欧州高等教育アクレディテーション協会)

実施年
2012年

概略
欧州高等教育アクレディテーション協会(ECA)が主導する、共同教育プログラムの質保証と学位の認証プロジェクト(JOQAR※1)の一環として、共同教育プログラムを提供する大学間で構成するコンソーシアムのために作成したガイドライン。 JOQARプロジェクト内の“認証グループ(Recognition Group)”が策定の中心となった。

本ガイドラインは、コンソーシアムが授与した共同学位記が他の機関で円滑に認証されるように、学位授与の際の注意や推奨点が、5項目(以下の3.1.~3.5.)に分けて記載されている。

このガイドラインは、欧州各国のENIC-NARIC機関※2からの助言を得て作成された。本ガイドラインの内容は、共同教育プログラム修了生の卒業後の進学/就職先の拡大のため、各大学の参考となるものとなっている。

構成:
1. イントロダクション
2. 用語の定義
3. 優良事例のためのガイドライン
3.1. コンソーシアム
3.2. 共同教育プログラム
3.3. 共同学位記
3.4. ディプロマ・サプリメント
3.5. 学位に関するその他の説明資料
4. 共同教育プログラム用語解説
付録:ディプロマ・サプリメントの構成

本ガイドラインの日本語概要はこちら

著者: Axel Aerden & Hanna Reczulska
編集: Inger Bruun, Peder de Thurah Toft, Jenneke Lokhoff, Tatsiana Zahorskaya


※1 JOQAR: Joint programmes: Quality Assurance and Recognition of degrees awarded
※2 ENIC-NARIC(European Network of Information Centres – National Academic Recognition Information Centres):海外資格に関する情報提供及び評価事業等を行っている、欧州地域各国のナショナル情報センター

エラスムス・ムンドゥス質保証「卓越性ハンドブック」

標準
ホーム大学への支援外国大学との連携

コメント(解説):エラスムス・ムンドゥスは、欧州とそれ以外の地域の大学が共同で開発する学位プログラムです。この中で、優れたエラスムス・ムンドゥスプログラムの開発に不可欠な 4つの要素と、各要素における優良実践例を紹介したのがこのガイドです。海外の大学と連携した、国際通用性が高いプログラムを構築する際の参考として活用できます。


正式名称
Erasmus Mundus Quality Assurance, Handbook of Excellence

実施主体
欧州委員会

実施年
2010年

概略
優れたエラスムス・ムンドゥスコースの開発に不可欠な 4つの要素と、各要素における優良実践例を紹介したガイド。欧州委員会は、2008年から2010年にかけて実施した12のエラスムス・ムンドゥスコース への訪問調査に基づき、質の高いエラスムス・ムンドゥスコースに共通の要素を抽出し、4つの「卓越性の要素(Components of Excellence)」としてまとめた。各エラスムス・ムンドゥスコースが、自らの教育の質の改善にむけて自己評価を行う際のチェックリストとして活用するとともに、今後エラスムス・ムンドゥス計画への参加を希望する機関への手引きとなることを目的として開発された。

各要素は、「課題(challenges)」、「チェックリスト(checklist for actions)」及び「優良実践例(examples of good practices)」を記した複数の下位要素(観点)から構成。本手引きを参照するコースが、質の向上にむけて、実際にどのような取組みをすればよいの かについての具体的な参考となるよう作られている。

4つの「卓越性の要素」は以下のとおり。

1) 教育と学習の質 (Quality of Teaching and Learning: QATL)
(1) 卓越したカリキュラム設計
(2) コース目標と達成成果の伝達
(3) 学生能力の開発
(4) 学習スキルの向上
(5) 国際的な学習および協働
(6) 外国語運用能力の向上
(7) 教育及び学習環境の管理
(8) 研究活動と研究施設・設備
(9) 一貫した教育実践
(10) 起業家精神とビジネス・スキル
(11) 学生の学習に資するインターンシップ
(12) バランスのとれた学習量と成績評価
(13) 一貫性のある成績評価方法
(14) 正式なコース・レビュー

2) 学生サポート・ロジスティックス・財政 (Facilities, Logistics and Finance: FLAF)
(1) コースへの出願
(2) 欧州域外の学生の欧州への移動
(3) 欧州での生活・学習に関するオリエンテーション
(4) パートナー機関間の学生移動
(5) 施設、財政面での学生サポート
(6) 学生とのコミュニケーション及び学生相談
(7) 卒業生の貢献
(8) e-ラーニング学習

3) リーダーシップと機関の質 (Quality of Leadership and Institutions: QUIL)
(1) 最高の質を誇る教員チーム
(2) 確固とした「コースブランド」の創出
(3) コースへの機関レベルの関与
(4) 国際的な教育と研究
(5) コースの継続と教員のリーダーシップ
(6) 財政面の持続可能性
(7) 組織レベルの知識基盤向上と国際化

4) 実務における連携とコンソーシアムの統合 (Joined-Up Practice and Integration: JUPI)
(1) 学生選抜
(2) コンソーシアム内の情報システム
(3) 授業料に関する共通方針
(4) コンソーシアム内の業務分担
(5) コンソーシアム全体の質評価プロセス
(6) コンソーシアムの管理
(7) 修士号授与に関する共通方針

国境を越えた教育提供におけるグッド・プラクティス規約(改訂版)

標準
ホーム大学への支援外国大学との連携

コメント(解説):本規約は、国境を越えた教育提供におけるリスボン認証条約の補足文書の位置付けで、派遣・受入双方の国が留意すべき観点について定めています。また、授与される資格・学位の質保証や通用性の向上、関係者すべての利益の確保なども期待されています。大学が国境を越えた教育を提供する際の注意点として参考になります。11項目の規約は日本語の仮訳を作成しています。


正式名称
Revised Code of Good Practice in the Provision of Transnational Education

実施主体
欧州評議会/UNESCO

実施年
2007年

概略

リスボン認証条約におけるグッド・プラクティスについての規約。前文・定義・規約から成っており、さらに付加文書(Explanatory Memorandum)が付随する。

本規約は、2001年に制定された同名の規約の改定版である。これに関するこれまでの経緯は以下の通りである。

  • 1999年 国境を越えた教育ワーキンググループで「規約」が採択される
  • 2000年 ENICネットワーク※年次総会に提出・承認され、欧州評議会/ユネスコ認証条約政府間会議へ送付される
  • 2001年 同会議により「規約」が採択される
  • 2005年 ENICネットワーク※により「規約(改訂版)」が承認される
  • 2007年 欧州委員会/ユネスコ認証条約政府間会議により「規約(改訂版)」が採択される

本規約は、国境を越えた教育提供におけるリスボン認証条約の補足文書の位置付けで、派遣・受入双方の国が留意すべき観点について定めている。

同時に、高等教育での国境を越えた取組みにおいて、(a)派遣・受入両国の期待を充たし、(b)提供されるプログラムおよび授与される資格の質保証と評価の参考となり、(c)学生・雇用者を含む関係者すべての利益を保護し、(d)授与される資格の通用性を高める役割が期待されている。

全11項目からなる規約部分の日本語仮訳こちら
また、本規約制定に際して参照された世界の諸規約として、以下のものが挙げられている:

  • Universities and their Students; Principles for the Provision of Education by Australian Universities. RE; Provision of Education to International Students. Code of Practice and Guidelines for Australian Universities(AVCC, 2005)
  • Principles for United States Accreditors Working Internationally: Accredetation of Non-United States Institutions and Programs(CHEA, 2001)
  • Sharing Quality Higher Education Across Borders: A Statement on Behalf of Higher Education Institutions Worldwide(CHEA, IAU and AUCC, 2005)
  • Code of Practice for the Assurance of Academic Quality and Standards in Higher Education. RE: Collaborative provision and flexible and distributed learning (including e-learning)(QAA, 2004)

※ENICネットワーク:欧州情報センターネットワーク。ENICはEuropean Network of Information Centresの略。国外で取得された学位・資格の認証にかかわる情報提供の拠点。