「キャンパス・アジア」モニタリング

標準
ホーム大学への支援共同教育プログラムの質保証

コメント(解説):「キャンパス・アジア」は、2010年4月に日中韓三国の政府により立ち上げられた、質の保証を伴った学生交流を推進するための構想です。2011年より、日中韓の大学による10のパイロットプログラムが始まりました。質の保証・向上を促進するための方策として、3か国の質保証機関は(日本側は、(独)大学評価・学位授与機構)共同で、「キャンパス・アジア」プログラムのモニタリング活動を行っています。
2013年には、1次モニタリングとして、各質保証機関が自国のプログラムの採択大学の訪問調査等を行い、報告書をまとめたほか、ダブルディグリーや単位互換を伴う学生交流プログラムの優良事例集を作成しました。
本サイトが、国際的な教育連携を担当される大学関係者含め、皆さまにとって、カリキュラム設計、教育の実施体制、学生支援等を検討する上で、ご参考になれば幸いです。


正式名称
“CAMPUS Asia” Monitoring

実施主体
大学評価・学位授与機構、中国教育部高等教育教学評価センター、韓国大学教育協議会

実施年
1次モニタリング2013年、2次モニタリング2015年

概略

        • キャンパス・アジア(”Collective Action for Mobility Program of University Students” Asia : CAMPUS Asia)

2010年4月に日中韓三国の政府により立ち上げられた、質の保証を伴った学生交流を推進するための構想である。2011年に、日中韓三国の大学によるトライアングルの学生交流プログラムが開始された。この構想は、日中韓の大学間で質保証を伴ったプログラムを提供していくことで、質の高い教育提供と人材養成の持続的展開を図っていくことを目的としている。

          • パイロット事業

「キャンパス・アジア」構想の下、日中韓3か国政府の共同審査で採択された10件のパイロット交流プログラムが2011年の秋に開始された。2015年までの5年間の実施が予定されている。日本側参加校は、文部科学省の2011年度「大学の世界展開力強化事業」のうち、日中韓のトライアングル交流事業として採択された計11大学である。

    • モニタリング

モニタリングは、各国で国際的な教育プログラムの質保証を試行すること、教育の質の観点から優良事例を抽出し、それらを国内外に広く発信していくこと、共同ガイドラインを作成することを目的として実施する。モニタリングは、5年間の「キャンパス・アジア」パイロット事業において、2回実施する。1回目は 2013年に、機構、中国のHEEC、韓国のKCUEの各質保証機関が、国内の関連法規や評価制度・手法を踏まえて、個別に実施した。
2回目のモニタリングに関しては、1回目の各国個別のモニタリング結果や比較分析の状況を踏まえ、2015年に三国の質保証機関間で、共同のモニタリングフレームワーク(原則、基準等)の協議と実際のモニタリング活動が行われることとなっている。

なお、「キャンパス・アジア」モニタリングに関する詳細、日本側1次モニタリングの報告書ならびに優良事例集は以下のウェブサイトに掲載。

http://www.niad.ac.jp/n_kokusai/campusasia/

QACHE:国境を越えた高等教育の質保証プロジェクト

標準
ホーム質保証機関の取組み手法

コメント(解説):欧州の大学がアラブやアジア地域などに大学教育を『輸出』する(CBHE: cross-border higher education)際の統一した質保証アプローチを模索し、その手法を世界中へ普及しようとするプロジェクトです。2015年11月に、プロジェクトの最終成果物として質保証機関向けのツールキットがまとめられ、報告書が発表されました。


正式名称
Quality Assurance of Cross-border Higher Education

実施主体
ENQA(欧州高等教育質保証協会)

実施年
2013-2016年

概略
QACHEは、欧州高等教育質保証協会(ENQA)を中心に、欧州、オーストラリアの質保証機関、およびアラブとアジア・太平洋地域の質保証機関ネットワークが参画するプロジェクト。欧州等の大学が行う国境を越えた高等教育(CBHE: cross-border higher education)に対して、統一した質保証アプローチを模索し、世界中に普及しようという目的を持つ。

<フェーズ①>
現在行われている様々な取組みの共有、分析を行った。教育提供者としての欧州と、受入側としてのその他地域という構図のもと、欧州、アラブ、アジア・太平洋の質保証機関および欧州の教育機関への調査を行った。

<フェーズ②>
質保証機関のCBHEへの取組みについて、欧州4ヶ国(フランスドイツスペイン英国)とオーストラリアのカントリーレポートを作成した。

<フェーズ③>
欧州(2014年9月29-30日於英国)、アラブ(2014年11月19-20日於バーレーン)、アジア(2015年1月23日於マカオ)でのフォーラム開催。欧州でのCBHE質保証の取組みを紹介した。

<フェーズ④>
プロジェクト最終報告会議を開催(2015年11月5-6日於フランス)。最終報告会議では、質保証機関向けのツールキット(A TOOLKIT FOR QUALITY ASSURANCE AGENCIES)および報告書がまとめられた。

<ツールキットのポイント>

  • 当プロジェクトでは、海外のブランチキャンパス、共同プロジェクトでの連携、課程認定(validation)、フランチャイズ提携(arrangement)、遠隔教育を含む、教育プログラムと高等教育の提供者の国際的なモビリティを対象とする。
  • あくまで勧告であり、既存の国家的、地域的、国際的な枠組みやガイドラインに対する、追加的かつ補助的なツールとして捉えられるべきであるとする。
  • “情報共有”、“質保証における協力”、“質保証機関のネットワーク”の3つから成り立っている。

なお、最終報告書の主な内容は当機構のホームページ(高等教育質保証の海外動向発信サイト:QA Up Dates)からご覧ください。

国境を越えて提供される高等教育の質保証に関するガイドライン

標準
ホーム各国への提言
ホーム大学への支援外国大学との連携

コメント(解説):国境を越えた教育の提供のために、政府、高等教育機関、質保証機関らのステークホルダーが、それぞれなすべき指針がまとめられています。国境を越えた高等教育を提供する際に、大学が気を付けることは何か、また今後の政府や質保証機関に期待される役割は何かということが分かります。


正式名称
Guidelines for Quality Provision in Cross-border Higher Education

実施主体
UNESCOとOECDによる共同プロジェクト

実施年
2005年

概略
国境を越えて提供され る高等教育の質保証に関する国際的な枠組みの構築や、学生等の保護のために各国の関係者が取り組むべき事項等を示すガイドライン。グローバルな規模で提供 される高等教育の数が増加し、教育の形態が多様化するなか、教育の質を向上させるための国際的な取組みを新たに始める必要性が高まったことを受け、 2005年にUNESCOとOECDが共同で策定した。本ガイドラインは、統一の基準や共通ルールを定めるものではなく、各国・地域がそれぞれの高等教育制度に照らして、自国の責任において教育の質を確保することを前提とする。

各国政府、高等教育機関・教育提供者、学生団体、質保証・アクレディテーション機関、学位・資格認定機関、職能団体がそれぞれ取り組むべき事項が指針として以下のように示されている。

  • 政府、高等教育機関・教育提供者、学生団体、質保証・アクレディテーション機関: 国境を越えた高等教育の質保証体制の整備(高等教育の受入れ国・提供国の協力等)
  • 政府、高等教育機関・教育提供者、学位・資格認定機関、職能団体: 学位資格や職業資格の認定プロセスの円滑化及び公正さの確保
  • 全関係者: 国内外の関係者同士あるいは関係者間のネットワーク構築、連携強化。国境を越えて提供される高等教育の質などに関する正確でわかりやすい情報の提供

ガイドライン原文の日本語仮訳:
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shitu/06032412/002.htm