外国資格認証における資格枠組みの使用勧告

標準
ホーム各国への提言

コメント(解説):欧州諸国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどでは、資格枠組み(qualifications framework: QF)と呼ばれるものを開発しています。資格枠組みはレベル別(例えばオーストラリアはレベル1-10)になっており、その国で授与される資格はどこかのレベルに該当するようになっています。そして各レベルには、資格の取得に必要な学習成果が定められているので、QFのある国の資格であれば、それがどのような人に授与されるものなのかを知ることができます。この勧告は、外国の資格を進学などのために審査する際に、このQFを利用していきましょうと推奨するものです。


正式名称
Recommendation on the Use of Qualifications Frameworks in the Recognition of Foreign Qualifications

実施主体
UNESCO/欧州評議会

実施年
2013年

概略
2013年6月にリスボン認証条約委員会が採択した、リスボン認証条約の副次的文書。海外の資格や学位を認証※1する際、資格枠組み※2の使用を推進するため策定された。

同様の副次的文書としては、これまで「ジョイント・ディグリーの認証に関する勧告」(2016年改訂版採択)、「国境を越えた教育提供におけるグッド・プラクティス規約」(2007年改訂版採択)がある。

本勧告は、前文、用語の定義、勧告の範囲と留意事項、勧告事項で構成されており、さらに付加文書(Explanatory Memorandum)も存在する。 主要部分の日本語仮訳はこちら(pdf)。

付加文書では、過去の欧州高等教育大臣会合における各声明での資格枠組みに関する箇所の抜粋と、リスボン認証条約締約国で欧州高等教育圏外にある豪州、ニュージーランド、カナダの資格枠組みの簡単な紹介記述がある。


※1 外国資格の認証:ある国で得た学位等の資格が別の国において、有効であるか、あるいはどの資格と同等であるかを審査すること。
※2 資格枠組み:資格を学習の達成レベル(学習量、学習成果、能力など)により分類したもの。

共同学位の公正な認証に関する枠組み

標準
ホーム大学への支援共同学位の公正な認知

コメント(解説):国際的な共同教育プログラムによって授与されたジョイントディグリー(共同学位)を、進学や就職目的で、資格の同等性の面から審査する際に、審査担当者はその学位をどのように取り扱えばいいのでしょうか。起こりうるケースとその対応策を具体的に示した文書です。本文書の概要は、日本語で仮訳していますので、ぜひ活用ください。


正式名称
Framework for Fair Recognition of Joint Degrees

実施主体
ECA(欧州高等教育アクレディテーション協会)

実施年
2013年

概略
欧州高等教育アクレディテーション協会(ECA)とENIC-NARIC機関※の主導のもと、共同学位に対する公正な認証を促進することを目的として、認証を実践する際の具体的問題点とその対策を示したものが本枠組みである。JOQARプロジェクト内の“認証グループ(Recognition Group)”が策定の中心となった。 続きを読む

共同学位授与における優良事例ガイドライン

標準
ホーム大学への支援共同学位の公正な認知

コメント(解説):各大学が共同教育プログラムを実施する際に、考慮すべき点や注意すべき点が記載されています。欧州が念頭に置かれていますが、その他の地域においても、共同教育プログラムを通じてジョイントディグリーを授与する場合には、このガイドラインに基づいた実践が期待されています。本ガイドラインの日本語概要を提供しています。ぜひ、ご活用ください。


正式名称
Guidelines for Good Practice for Awarding Joint Degrees

実施主体
ECA(欧州高等教育アクレディテーション協会)

実施年
2012年

概略
欧州高等教育アクレディテーション協会(ECA)が主導する、共同教育プログラムの質保証と学位の認証プロジェクト(JOQAR※1)の一環として、共同教育プログラムを提供する大学間で構成するコンソーシアムのために作成したガイドライン。 JOQARプロジェクト内の“認証グループ(Recognition Group)”が策定の中心となった。

本ガイドラインは、コンソーシアムが授与した共同学位記が他の機関で円滑に認証されるように、学位授与の際の注意や推奨点が、5項目(以下の3.1.~3.5.)に分けて記載されている。

このガイドラインは、欧州各国のENIC-NARIC機関※2からの助言を得て作成された。本ガイドラインの内容は、共同教育プログラム修了生の卒業後の進学/就職先の拡大のため、各大学の参考となるものとなっている。

構成:
1. イントロダクション
2. 用語の定義
3. 優良事例のためのガイドライン
3.1. コンソーシアム
3.2. 共同教育プログラム
3.3. 共同学位記
3.4. ディプロマ・サプリメント
3.5. 学位に関するその他の説明資料
4. 共同教育プログラム用語解説
付録:ディプロマ・サプリメントの構成

本ガイドラインの日本語概要はこちら

著者: Axel Aerden & Hanna Reczulska
編集: Inger Bruun, Peder de Thurah Toft, Jenneke Lokhoff, Tatsiana Zahorskaya


※1 JOQAR: Joint programmes: Quality Assurance and Recognition of degrees awarded
※2 ENIC-NARIC(European Network of Information Centres – National Academic Recognition Information Centres):海外資格に関する情報提供及び評価事業等を行っている、欧州地域各国のナショナル情報センター

BRIDGEハンドブック:共同プログラムと共同学位の認証

標準
ホーム大学への支援共同学位の公正な認知

コメント(解説):エラスムス・ムンドゥスを推進する国ごとの代表組織や、他国の資格・学位を自国の高等教育制度と比較・評価する機関(資格認証機関)らが連携して、資格認証の視点から共同プログラムの在り方についてまとめた提言書です。機構では全文を仮訳しています。共同プログラムの構築、そしてジョイントディグリー授与における具体的な提言が掲載されています。


正式名称
BRIDGE HANDBOOK JOINT PROGRAMMES AND RECOGNITION OF JOINT DEGREES

実施主体
BRIDGEプロジェクト

実施年
2012年

概略
欧州5ヶ国(エストニア、イタリア、マルタ、ポルトガル、スペイン)のエラスムス・ムンドゥスを推進する国別代表組織や、他国の資格・学位を自国の高等教育制度と比較・評価する機関(資格認証機関)が主に連携して、資格認証の視点から共同プログラムの構築の在り方について提言をまとめた報告書。

欧州委員会のエラスムス・ムンドゥスプログラム(アクション3)の支援を受けて実施された、BRIDGEプロジェクトの成果物として、2012年に発行された。

次の章立てにより、ジョイント・プログラムやジョイント・プログラムで授与される学位の認証における課題・困難な点について取り上げている。

構成:

第1章 共同学位および資格認証に関する説明
第2章 構築段階
第3章 入学者選抜段階
第4章 資格(学位)授与段階

本ハンドブックの日本語翻訳版はこちら
※この翻訳版「Bridgeハンドブック」は、同ハンドブックを作成したプロジェクトの責任者の同意を得て、大学評価・学位授与機構の評価事業部国際課において、仮訳としてまとめたものです。