QACHE:国境を越えた高等教育の質保証プロジェクト

標準
ホーム質保証機関の取組み手法

コメント(解説):欧州の大学がアラブやアジア地域などに大学教育を『輸出』する(CBHE: cross-border higher education)際の統一した質保証アプローチを模索し、その手法を世界中へ普及しようとするプロジェクトです。2015年11月に、プロジェクトの最終成果物として質保証機関向けのツールキットがまとめられ、報告書が発表されました。


正式名称
Quality Assurance of Cross-border Higher Education

実施主体
ENQA(欧州高等教育質保証協会)

実施年
2013-2016年

概略
QACHEは、欧州高等教育質保証協会(ENQA)を中心に、欧州、オーストラリアの質保証機関、およびアラブとアジア・太平洋地域の質保証機関ネットワークが参画するプロジェクト。欧州等の大学が行う国境を越えた高等教育(CBHE: cross-border higher education)に対して、統一した質保証アプローチを模索し、世界中に普及しようという目的を持つ。

<フェーズ①>
現在行われている様々な取組みの共有、分析を行った。教育提供者としての欧州と、受入側としてのその他地域という構図のもと、欧州、アラブ、アジア・太平洋の質保証機関および欧州の教育機関への調査を行った。

<フェーズ②>
質保証機関のCBHEへの取組みについて、欧州4ヶ国(フランスドイツスペイン英国)とオーストラリアのカントリーレポートを作成した。

<フェーズ③>
欧州(2014年9月29-30日於英国)、アラブ(2014年11月19-20日於バーレーン)、アジア(2015年1月23日於マカオ)でのフォーラム開催。欧州でのCBHE質保証の取組みを紹介した。

<フェーズ④>
プロジェクト最終報告会議を開催(2015年11月5-6日於フランス)。最終報告会議では、質保証機関向けのツールキット(A TOOLKIT FOR QUALITY ASSURANCE AGENCIES)および報告書がまとめられた。

<ツールキットのポイント>

  • 当プロジェクトでは、海外のブランチキャンパス、共同プロジェクトでの連携、課程認定(validation)、フランチャイズ提携(arrangement)、遠隔教育を含む、教育プログラムと高等教育の提供者の国際的なモビリティを対象とする。
  • あくまで勧告であり、既存の国家的、地域的、国際的な枠組みやガイドラインに対する、追加的かつ補助的なツールとして捉えられるべきであるとする。
  • “情報共有”、“質保証における協力”、“質保証機関のネットワーク”の3つから成り立っている。

なお、最終報告書の主な内容は当機構のホームページ(高等教育質保証の海外動向発信サイト:QA Up Dates)からご覧ください。

TEEP II: 欧州国際共同評価プロジェクト II

標準
ホーム質保証機関の取組み手法

コメント(解説):欧州の異なる大学同士が国を越えて実施する共同修士プログラムにおいて、質の高い教育を実施するための方法や、優れた教育に共通している不可欠な要素・課題が、本プロジェクトを通して特定されました。


正式名称
Transnational European Evaluation Project II

実施主体
ENQA

実施年
2005-2006年

概略
TEEPの2期目となるTEEP IIでは、欧州の共同修士プログラムにおける質の高い教育のための方法の割り出しと優れた教育に共通する要素の抽出を目的として、共同評価が試行された。欧州委員会の助成のもと、ENQA(欧州高等教育質保証協会)加盟のスウェーデン、英国、オランダ及びベルギー・フランダース地方、フランス、スペイン、ハンガリーの質保証機関が参加した。

水資源管理学、文化・コミュニケーション学、法・経済学の3分野で、必要単位数、修業年数、パートナー機関数等の異なる3つの共同修士プログラムの試行評価を実施。評価は、ENQAの「欧州質保証ガイドライン」に基づいて行われ、パネルは、各質保証機関の代表者、外部評価者5名、学生2名から構成、評価手順は、自己評価書の提出、専門家チームによるピア・レビュー、訪問調査、評価報告書の公表にて行われた。

試行評価の結果、質の高い共同修士プログラムに不可欠な要素として、主に以下の点が浮かび上がった。

  • 各パートナー機関の役割が明確化されていること
  • 学生への情報提供、住居サービスが十分であること
  • ジョイント・ディグリー、ダブル・ディグリー等の実施に際しての法的問題点が明確化され、かつ解決されていること
  • 機関レベルの関与とサポートがあること
  • プログラム・コーディネーター、地域コーディネーター、教員、学生の間の意見の合意

また、共同教育プログラムの課題として、主に以下の点が指摘された。

  • 共同教育プログラムの評価やアクレディテーションの実施主体
  • プログラムの質保証に関する欧州レーベルの開発の必要性
  • 国ごとに異なる規則(必要単位数、卒業論文提出の必要性の有無等)

TEEP I : 欧州国際共同評価プロジェクト I

標準
ホーム質保証機関の取組み手法

コメント(解説):欧州の大学が各分野で提供する様々なプログラムに対し、国の垣根を越えて、統一的な外部質保証や評価を行うことを目指したプロジェクトです。最終的に、分野を越えた共通基準が有効であることや、各国に配慮した基準の開発が提唱されたほか、プログラム自らが明確な質保証の戦略を持つことの必要性も言及されています。


正式名称
Transnational European Evaluation Project I

実施主体
ENQA (European Association for Quality Assurance in Higher Education)

実施年
2002-2003年

概略
欧州レベルの国際的な共同評価に関するプロジェクト。欧州における国際的な評価に関する過去の取組みやボローニャ・プロセスの進展を目的とする欧州チューニ ング・プロジェクト等の経験をもとに、欧州委員会の助成を受けて実施。第1期のTEEP Iでは、ENQA(欧州高等教育質保証協会)加盟の英国、デンマーク、スペインの質保証機関の協力を得て、欧州11か国の14プログラム(歴史学、物理学、獣医学の3分野)を対象とした共同評価を試行。 本プロジェクトの主な活動は、以下のとおり。

  • 3分野に共通の基準(criteria)を用いた評価の試行、国際的な外部評価方法の開発
  • 国際的な共同評価の実施の障害となりうる要因の割り出しとその解決策の検討
  • 欧州高等教育圏における質保証の透明性・通用性の向上、国境を越えた質保証に関する啓発

本プロジェクトを通じて、分野を越えた共通基準の有効性が確認されるとともに、国際的な外部質保証に関して、次のような視点の必要性を説いている。

  • 国・地域ごとの高等教育・質保証の文脈と矛盾しない評価基準の開発が不可欠であること
  • 評価を受けるプログラム側にとって分かりやすく、かつ有益な用語を用いた評価を行うこと
  • プログラム自らが明確な質保証の戦略を立てる必要があること

また、政府がボローニャ・プロセス等の政策的目標に積極的に関わることにより、質保証における国際的な共通目標の達成が促進されるという点も明らかになった。